更新情報

  • HOME >
  • 更新情報一覧 >
  • 医療業界ニュース 『医薬品公取協、学会での飲料類の寄付禁止』へ

NEWS

2012/09/19 医療業界ニュース 『医薬品公取協、学会での飲料類の寄付禁止』へ

医療用医薬品製造販売業公正取引協議会が、製薬企業が学会開催に際してドリンクなど飲料類を寄付する行為を
禁止することを決め、8月24日付で会員各社に通知したことが明らかになった。
医薬品の公正な取引の確保に向けた取り組みの一環で、今月以降、学会からの飲料類寄付の新規要請に応じることを禁止し、
来年4月以降は公正競争規約違反扱いとなる。

公正競争規約の寄付に関する基準では「学会などの会員を対象とした会合開催に対する寄付」の取り扱いを定めている。
その中で「個人費用」(学会会員が自己負担すべき費用=交通費、宿泊費、懇親会費、弁当代など)」については、
費用の肩代わりになるため、寄付金や現物で援助することを禁止している。

同基準をめぐっては、2010年に学会参加者の弁当を寄付した製薬企業が公正競争規約違反の措置を受けたものの、その後は、
個人費用の援助が禁止されていることが企業、学会双方に理解されてきている。

ただドリンクなど飲料類については、個人費用に該当するかどうかを明確には示していなかったため、
学会の会長や事務局などが学会会員へのサービスとして、製薬企業に寄付を要請するケースがあるという。
製薬企業側も要請に応じており、中には自社や関連企業で飲料類を扱っていなくても、別途購入して寄付していたケースもある。
そのため医薬品公取協は今回の通知を出した。

通知では、学会会場などで提供する飲料類が個人費用に当たることを示した上で、飲料類や飲料類購入のための寄付金の
援助はできないと明記。
その上で、(飲料類の新規の寄付要請には9月1日以降応じることはできない)来年4月1日以降、飲料類寄付は規約違反として
措置する―としている。通知ではまた、要請をすでに応諾している場合についても可能な限り辞退するよう求めている。

  • HOME >
  • 更新情報一覧 >
  • 医療業界ニュース 『医薬品公取協、学会での飲料類の寄付禁止』へ

ページの先頭へ