更新情報

  • HOME >
  • 更新情報一覧 >
  • 医療業界ニュース 『厚労省 インフル報告数が増加、沖縄は注意報レベル続く』

NEWS

2012/09/26 医療業界ニュース 『厚労省 インフル報告数が増加、沖縄は注意報レベル続く』

厚生労働省によると、2012年第37週(9月10~16日)のインフルエンザ定点当たり報告数は0.23となり、
前週の0.20から増加した。沖縄の定点当たり報告数は前週の11.88から12.40に増加し、
注意報レベル(10.00)を上回った状態が続いている。

定点当たり報告数を都道府県別に見ると、沖縄が12.40で最も多く、鹿児島の2.11、長崎と宮崎の0.41、
群馬の0.14、福島、東京、岐阜の0.11と続いた。

  • HOME >
  • 更新情報一覧 >
  • 医療業界ニュース 『厚労省 インフル報告数が増加、沖縄は注意報レベル続く』

ページの先頭へ