更新情報

  • HOME >
  • 更新情報一覧 >
  • 医療業界ニュース 『長期品の薬価下げルールは一本化で決着』

NEWS

2013/12/19 医療業界ニュース 『長期品の薬価下げルールは一本化で決着』

中医協薬価専門部会は18日、2014年度薬価制度改革で導入する長期収載品の薬価を特例的に引き下げる新ルールについて、現行の長期品の特例引き下げ(4~6%)を廃止して新ルールに一本化することで決着した。

新ルールは後発医薬品が薬価収載された時点を起点に、5年が経過しても後発品への置き換え率が60%に達していない品目を対象に直近の薬価改定で引き下げを行う。
さらにその後も60%に達していない場合には、達するまで2年ごとの薬価改定で永続的に引き下げを行う。

引き下げ幅は、後発品の置き換えに応じ「20%未満」「20%以上40%未満」「40%以上60%未満」の3種類を設け、「20%未満」を最も高い引き下げ幅とする。具体的な引き下げ幅に関しては示されていない。

  • HOME >
  • 更新情報一覧 >
  • 医療業界ニュース 『長期品の薬価下げルールは一本化で決着』

ページの先頭へ